2016.08.12 | 未分類

【 OSHOの言葉 】たった1分、読むだけで人生が一変するかも! 虚しさを消す魔法の言葉

出典|ThinkFree / Pixabay

OJERw_Fc

oE1tENCO J5CsUdEM

逆説的なエントリー、欲しがらないことが、キーである

ことばまほう学校では、日々、「言葉を使って、どう人生を創るか?」ということを研究し、実験し、実践しています。

そのテーマは、「言葉をツールとしてどう扱えば、良い未来の創造ができるか?」という課題に根差したものであり、そのベースは、「脳科学」「量子素粒子理論」からはじまり、「言霊」「思考は現実化する」や「引き寄せの法則」「波動の法則」「成功哲学」などと呼ばれるものに相通じるものです。そして、その心には、「人生」に対して「欲する」ということが含まれています。

個人的には、妄信的なことは、好まないので、論理的に言葉と行動で現実を形成するためにどうするか? という点にフォーカスを置いています。

欲を肯定?

「欲」には、良いところ、悪いところがあると思います。良い点は、あらゆる活動の原動力になっているところ。しかし、わたしは、その「欲」というものは否定する立場のものではありません。人にとって「欲」は必要なものだと感じます。

欲が問題?

しかし同時に、「欲」=「~が欲しい」「~がしたい」があるからこそ、人生に対して問題が生じてくることも、何となく理解できます。そのことを端的にあらわした名一問一答を発見したので、シェアします。当ブログの、ふだんの方向性には、一石を投じる「言葉」です。

が、この言葉を知っておくと、逆に心のブロックが見えたりはずれたりして、いろいろな創造がスムースにいくのかなあ、などとも勝手に思うのです。

出典 / pvdberg Pixabay

一読、一分で、胸のつかえが取れて、周囲の風景が一変するOSHOの言葉

そして、これの文章を一読すると、胸のツカエが驚くほどにスーッととれます。現実創造に疲れたときに効く言葉です。

ここから、以下、一問一答です。『Joy 喜び(角川書店)― OSHO著』から引用。やや長いですけど。

Q.

これが本当にすべてなのですか? 私の人生はあまりにも意味がなく、空っぽに見えます。私はもっと何かがあるはずだといつも考えています。人生に何かもっと欲しいです。

A.

無限にもっと多くのものがある。しかし、あなたが欲しがることがそこに到達する時の障害なのだ。欲しがることはあなたを取り巻く壁のようなものだ。欲しがらないことがドアになる。

これはもっとも逆説的なことの一つで、しかも人生のとても基本的な法則だ。欲しがれ、そうすれば失うだろう。欲しがるな、そうすれば、それはあなたのものになる。

イエスは言う、「求めよ、さらば、見出さん」。仏陀は言う、「求めるナ、さもなくば、決してあなたには与えられないだろう」。イエスは言う、「たたけ、そうすれば、ドアは開かれるだろう」。仏陀は言う、「待て、見よ、ドアは全く閉じられてはいない。もし、あなたノックをすれば、ノックそのものが、壁の間違った場所をノックしているということだ―――なぜならば、ドアはいつも開いているからだ」

イエスは仏陀と同じくらい覚醒していた―――より覚醒しているとか、より覚醒していないという問題はないからだ。それなのに、どうしてこうも違うのか? この違いはイエスが話しかけていた人々から来ている。仏陀は全く違うグループの人たちに話している――伝授を受けた人、達人、逆説のわかる人だ。逆説とは神秘的であることを意味する。

あなたは言う、「私の人生はあまりにも意味がなく、空っぽに見えます…」人生はあありにも意味がなく空っぽに見えるのは、あなたはいつも、もっともっとと渇望しているからだ、渇望を落としなさい。そうすれば、あなたはすばらしい変容をとげるだろう。あなたがより多くを求めることを止めれば、むなしさはたちまちのうちに消え去る。むなしさはより多くを求めることの副産物だ。それはより多くを求めることによって生じる影のようなものだ。欲望を消して、後ろを振り返ってみなさい――もう影はそこにはない。

より多くを求めるのは、私たちのマインドだ――いつも、より多くを求めている。あなたがどんなに多くを持っていたとしても同じだ。マインドはより多くを求める。そして、マインドがもっと欲しがり続けるので、あなたは自分が空っぽだと感じ続け、自分は非常に多くを失っていると感じるづけるのだ。問題点は見えたかね? むなしさはより多く欲することから生まれる。むなしさがそこにあるわけではない。それは幻だが、あなたが欲望の網にとらわれたとき、それは非常に本物に見える。

欲望があなたのむなしさの原因であるとわかりなさい。あなたの欲望を観察しなさい。観察すると、欲望は消える――そしてそれと共に、むなしさが消える。そのあと、深い充実感がやってくる。あなたはとても満たされていると感じ、あなたはあふれ出し始める。あなたはとても多くをもっているので、あなたは分かち始めるあなたは与え始める――与える喜びのためだけに与え、他の理由はない。あなたは雨水をいっぱい蓄えた雲のようになる。それはどこかで雨を降らさなければならない。それはなにも育たない岩の上にさえ降り注ぐ。それは無条件に降り注ぐ。それは雨を降らせるのに適している場所かどうかも尋ねないだろう。雨水がいっぱいでとても持ちこたえられないので、雨を降らせて軽くならなければならないのだ。

あなたの欲が消えると、あなたは至福でいっぱいになる。満足感でいっぱいになり、満たされた思いで満たされる。そこであなたは分かちあい始める。それは自動的に起こってくる。するとそこに人生の意味が見え始め、人生が意味深くなる。そして、そこには詩、美しさ、優雅さがある。そして、そこには音楽と調和がある――あなたの人生はダンスになる。

このむなしさと意味のなさはあなたが作り出している。だから、あなたはそれを止めなけばいいのだ。あなたは言う。「私はもっと何かがあるはずだといつも考え続けています」そのことが問題を作り出している。私は、もっと何かなどないと言っているのではない。それはある――あなたが想像もできないほど沢山のものがある。私はそれを見、私はそれを聞き、私はそれを体験している――際限なく沢山あるのだ! しかし、もし欲し続けているならば、あなたは決してそれに出合うことはないだろう。欲することが壁だ。

あなたは言う、「私は人生に何かもっと欲しいのです」あなたが欲しがれば欲しがるほど、あなたは失うだろう。あなたは選択することができる。もしあなたが惨めなままでいたいのであれば、もっと、もっと、そして、もっと欲しがりなさい。そうすれば、あなたはもっと、もっと失うだろう。これはあなたの選択だ。憶えておきなさい。これはあなたの責任だ。誰もあなたに強いてはいない。もしあなたが本当に豊かになりたいのであれば、未来にあこがれたり、もっと欲しがったりしてはいけない。ただそのことをよく見なさい。

マインドは常に求め、欲し、要求し、欲求不満を作っている。なぜならなば、期待の中に生きているからだ。世界全体がむなしさを感じているが、その理由は、人間が今まで欲したことがないほど沢山のものを欲している。科学は人々により多く欲するための多くの希望、多くの支持を与えてきた。20世紀のはじめ、世界中に大きな楽観主義が広がった。なぜならば、科学が新しいドアを開き、20世紀のはじめ、誰もがこう思ったからだ。「黄金の時代が来た。それはすぐそこまで来ている。私たちはそこに到達した。私たちがまさに生きているときに、天国が地球上に降りてくるのを見るのだ」

当然、誰もがもっと、そしてもっと、そしてもっとと欲し始めた。

天国は地球上にまだ降りてきていない。その代わり、地球は地獄と化した。科学はあなたの欲望を解放した。科学はあなたの欲望を支持した。科学はそれらの欲望が満たされるだろうというあなたの希望を支持した。そして、その結果は世界中が深刻な悲惨さの中に生きている。以前は決してそうではなかった。それはとても奇妙だ。なぜならば、人間は今までなかったほど沢山所有しているからだ。人間はかつてなかったほど、初めて、これほどの安全、これほど多くの安心、これほど多くの科学技術、これほど多くの安楽を手に入れた。しかし、一方ではまた、これほど多くの無意味さがある。人間がこれほど絶望的になり、もっと得ようと死に物狂いの努力をしたことは、いまだかつてなかった

科学はあなた方に欲望を与える。そして、瞑想は欲望にたいする洞察を与える。その洞察が欲望を落とす助けとなる。そして突然、今まで隠されていた何かが露わになる。つまり、明るみに出る。あなたの存在の中から何かが噴出する、そしてあなたが想像できた以上のことを手にするのだ。誰もが今まで想像したこともなかったことだ。想像もできないような至福感があなたに降りてくる。しかし、地面を用意しなさい。正しい土壌を用意しなさい。欲しがらないということが正しい土壌の名前だ。

ちゃんと受け取る用意をしなさい。あなたは攻撃的だ――あなたはもっと欲しがっている。それは巧妙な攻撃性だ。受容的でオープンな、求めに応じられる体勢をとりなさい……そうすれば、あなたは起こりうるすべての軌跡を受け取る資格を得るのだ。

 

以上です。

少し長く引用させていただきました。角川書店さん、ゴメンなさい。問題あれば、ご連絡ください(笑)。ちなみに、本書、めちゃくちゃ胸にズキュンとくる言葉が並んでいます。これはお世辞ではなく。上の言葉に反応してしまった人は、ぜひ、買って読んでみてください。

わたし自身は、言葉で「欲」を「現実」にしていきたいと、考える者なのですが、この言葉の主のOSHOさんについては、大好きです。

OSHOさんという人物のおおざっぱなプロフィール

OSHOさんは、インド出身の著述家、宗教家、神秘思想家として生きたひとです。20世紀の覚者と言われていますし、本人も言っています。21歳のときに、ジャバルプールのバンヴァータル庭園にあるモールシュリの木の下で光明(悟り)を得た、とのこと。「真理の探究ことが、生きていく上での第一優先事項であって、人は自らの「生の源泉」を探求することに関心を寄せなければならない」「瞑想がはじまりで悟りが終着」ということが中心的な主張だったみたいです。

こう書くと、世界中によくいるスピリチャリストや宗教家にしか聞こえませんが、じっさい、彼の文章を読んでいると、ひじょうに不思議な感覚をおぼえます。そこに、ロックンロールな反逆性があったり、童話のようなやさしさが漂っていたり、現実感覚があったりするからでしょうか。ひじょうに独特な言葉を使う人物だ、ということだけは、まちがいありません。

出典|ThinkFree / Pixabay

出典|ThinkFree / Pixabay

★言葉魔法ツール|OSHO『Joy』からの金言を軽~いノリの17ステップに変換してみた ―― 「欲するをやめ、むなしさを消せば、人生はダンスになるの術」

OSHOさんの言葉は、けっこう、「ストレートな言い切り型」になっているので、まあ、ずっと呼んでいると頑固オヤジの頭が浮かんで、さすがに大ファンのわたしも、息苦しくなってしまうことがあります。

でも彼の言葉には、やはり「真実のようなもの」があると思います。

そこで、以下、彼の言葉をカジュアル語に意訳し、ツールとなる言葉の魔法に仕立ててみました。ぜひ、ご活用くださいね。

  1. 欲しがることがそこに到達する時の障害だヨ~
  2. でもね、より多くを求めることを止めれば、むなしさはたちまちのうちに消え去るヨ
  3. マインドがもっと欲しがり続けるから、あなたは自分が空っぽだと感じ続け、自分は非常に多くを失っていると感じるづけるだけなんだヨ~
  4. むなしさはより多く欲することから生まれるんだヨ~
  5. 欲望があなたのむなしさの原因なんだヨ~
  6. でもね、観察すると、欲望は消えちゃうんだヨ~
  7. むなしさが消えちゃうと、そのあと、深い充実感がやってくるんだヨ
  8. 多くをもっているので、あなたは分かち始めることになっちゃうカモヨ~あなたは与え始める――与える喜びのためだけに与え、他の理由はないんだヨ~
  9. 欲が消えると、あなたは至福でいっぱいになるヨ~
  10. そこには音楽と調和があるヨ~――そうすると、あなたの人生はダンスになるヨ~
  11. もし欲し続けているならば、あなたは決してそれに出合うことはないかもネ~
  12. マインドは常に求め、欲し、要求し、欲求不満を作っているヨ~
  13. 世界全体がむなしさを感じているが、その理由は、人間が今まで欲したことがないほど沢山のものを欲しているヨ~
  14. 科学はあなたの欲望を解放したんだけどネ~
  15. その結果は世界中が深刻な悲惨さの中に生きているんだよナ~
  16. 人間はかつてなかったほど、初めて、これほどの安全、これほど多くの安心、これほど多くの科学技術、これほど多くの安楽を手に入れちゃった! だけど、一方ではまた、これほど多くの無意味さがあっちゃうんダナ~。人間がこれほど絶望的になり、もっと得ようと死に物狂いの努力をしたことは、いまだかつてなかったんだよナ~
  17. 瞑想は欲望にたいする洞察を与えるって、知っておくと良いヨ~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

tensen

「今を生きる」とは? 意味を調べてみてわかったこと。

未分類


気になる言葉、でも、わからない「今を生きる」 昔、「いまを生きる」という映画がヒットしました。ぼくも、「今を生きる」という言葉については、何となく「モヤモヤとした」腑に落ちない感覚を持ちながら、その言葉にず

出典 / Pixabay

「思考を選べる」って知ってた?「思考を選ぶコツ」

未分類


思考を選ぶ 物事が起こったときに、2つの思考からひとつを選ぶ、という方法が本に書いてありました。この本「あなたのままで奇跡を起こす!: 思考選びの実験」です。「思考を選ぶ」というのは、どうやら「

最新の記事情報が取得できます

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。