2016.08.08 | 作文

【知ると楽しくなる言葉】山号と寺号

rinkoji

jdSvdcV2

XRljxt15

お墓詣りの季節です。

皆さんも、方々、お寺詣りに行かれることと思います。暑いなかですが、ご先祖様へのお参りは、気分も晴れやかになるので、是非、行ってあげてくださいね。

さて、お寺詣りにいくと出てきて困るのが2つの名前です。これ、わたしは、恥ずかしながら40過ぎるまで知りませんでした。(恥)

お寺には、「寺号」のほかに「山号」というものがあるのです。だから、人にお寺の名前を聞かれたのに、ふたつ名前があって困る、などと恥ずかしいことを言ってしまったりするのです。わたしは言ってしまっておりました。(恥)

 寺号と山号の前に混乱す

寺号

まず、たいていの場合、お寺の名前をチェックしますね。これが「寺号」です。一般的には、こちらがお寺の名前です。

 

rinkoji

山号

なのですが、「山号」の存在を知らないと、混乱に陥ります。「いったい、どちらが本当の名前なのだろうか?」と。

しかも両方の問にドーンと、堂々と、刻み込まれていたりすると、アタフタ度数は、グーンと高くなってしまうわけですね。

が、問いへの答えは、「どちらもですが、それぞれ寺号、山号で違うものなのです」と、なるわけですね。

 

ryukozan
でも、2つの号があるとわかっても気になることが、もうひとつ、沸いてきます。それは、「一体全体、どうして2つも名前があるんだい?」という素朴な疑問です。

山号がどうしてあるのか?

というわけで、山号についてを検索してみると、以下のような回答が得られます。賢くなれます。

 

さん‐ごう〔‐ガウ〕【山号】
寺院の名前の上に付ける称号。「比叡山(延暦寺)」「成田山(新勝寺)」などの類。もと、寺は多く山に建てられたため、その山の名でよばれたが、のちに平地の寺にも用いるようになった。

出典 / コトバンク

「皆山御存寺」のように、お寺には山号と寺号があります。中国では、はじめ寺は山中に建てられ、その所在地の山の名が山号の始りです。後に平地に建てられた寺にも山号がつけられるようになりました。

寺は中国の漢の時代、外国からの客を泊める役所を指しました。インドから僧侶が来たときもこの役所(寺)に泊めたのです。それがしだいに僧侶の常駐する所を寺と呼ぶようになりました。

仏教が日本に伝わった頃、寺院の数は46ケ寺でした。それが鎌倉時代には約13,000。江戸中期には40~50万という記録が残されています。ただし現在の寺院とは多少異り、庵・斎・房・軒など寺号を持たないお堂だけの所や無住の寺も含められているようです。

以後、寺はこれをピークに整理され、明治の排仏毀釈も手伝って大正時代には7万になり現在にいたっています。

寺院もその生い立ちや機能によって色々と分類することが出来ます。

● 天皇家が中心となって建立した勅願寺(官寺)
● 豪族や篤志家が個人的に建てた私寺
● 政府の認可によって庶民が建てた公寺
● 現世利益を中心とした祈願寺
● 学問・出世を中心とした学問寺
● 先祖の供養を主体とした菩提寺

 

出典/ やさしい仏教入門 > 山号と寺号

なるほど。やはり、日本の土着仏教カルチャーというものは、インド、中国から渡ってくるものが多いようです。

しかし、山号寺号から、寺が客を泊める役所だったことまで判ってしまいました。うーん。やはり言葉を知るとは、世界を知るということにつながりますね。

まとめ

  • お寺には、寺号と山号、ふたつの名前がある
  • お寺の名前は?と聞かれたら、一般的には「寺号」ということになる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

tensen

「今を生きる」とは? 意味を調べてみてわかったこと。

未分類


気になる言葉、でも、わからない「今を生きる」 昔、「いまを生きる」という映画がヒットしました。ぼくも、「今を生きる」という言葉については、何となく「モヤモヤとした」腑に落ちない感覚を持ちながら、その言葉にず

出典 / Pixabay

「思考を選べる」って知ってた?「思考を選ぶコツ」

未分類


思考を選ぶ 物事が起こったときに、2つの思考からひとつを選ぶ、という方法が本に書いてありました。この本「あなたのままで奇跡を起こす!: 思考選びの実験」です。「思考を選ぶ」というのは、どうやら「

最新の記事情報が取得できます

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。